事業紹介

管きょ更生

Service

環境を壊さずに、
下水道の機能をよみがえらせる

管の老朽化、劣化・破損、地震などによるクラックや継ぎ手のズレなどから発生する管のトラブルを下水管の内側に樹脂製の更生管を形成することで修復いたします。地面を掘り起こすことなく、下水道の機能をよみがえらせる、『維持管理の時代』にマッチした技術です。管種類、場所、範囲などに合わせて7つの工法であらゆるニーズにお答えします。※ホームページには一部工法のみを掲載。

オールライナー工法

(全面更生) ALL LINER®

オールライナーZ工法

(高強度全面更生) ALL LINER®Z

オールライナー・オールライナーZ工法は、工場で含浸された更生材を管内に引き入れた後、更生材に水圧をかけ拡径し、水を加熱・循環させ樹脂を硬化形成させることによって既設管きょに新しい管きょを形成する非開削の工法です。また、オールライナーZ工法は更生材にガラス繊維を配置させることにより物性を向上させています。

温水による加熱状況

反転状況

オールライナーi工法

(ロングスパン全面更生) ALL LINER®i

オールライナーi工法は、熱硬化性樹脂を含浸させた不織布ホースを既設管きょ内へ水圧により反転挿入し、ホース内の水を加熱・循環して樹脂を硬化させ、既設管きょ内に新しい管きょを形成する非開削の工法です。

パートライナー工法

(部分補修) PART LINER®

パートライナーS工法

(本管・取付管一体補修) PART LINER®S

パートライナー工法は、損傷した管きょ内面にFRPライニングを形成する非開削の補修工法です。ガラス繊維マットに熱硬化性樹脂を含浸させ補修機に巻き付け、損傷箇所に引き込み空気圧により圧着し、樹脂を硬化させFRPを形成します。また、パートライナーS工法は、取付管との接続部の補修を可能としました。

補修状況

反転硬化状況

サイドライナー工法

(取付管更生) SIDE LINER®

サイドライナー工法は、硬化性樹脂を含浸させたホースと成形用のホースからなるダブルホースを取付管内に反転挿入し、樹脂の硬化後、成形用ホースを撤去することによって既設取付管に新しい管きょを形成する非開削の工法です。